本格的に前頭部がヤバイと思い始めたところで育毛剤のCMを見たから試しに買ってみた

薄毛はなにもしていないとどんどんと進行していく


30代後半の男性会社員です。現在育毛をしています。

育毛を始めることとなった理由としては、なんのことはなく髪の毛が薄くなってきたからです。

髪の毛がやせ細ってきたという表現が当てはまるでしょうか。32歳の年に、なんだか毛先が細くなっていることに気がついたのですよね。

しかしその時は、「あれ?薄毛になってきたかな~」と、わりとまだ深刻には構えていませんでした。

当時32歳でしたけれど、まだ自分の中には30歳を越えたばかりという感覚でしたね。ですから、「年齢的にもまだ禿げないだろう」となんの根拠も無く思っていました。

それに身内に若ハゲはいませんでしたからね。父親は40代後半から禿げていった印象ですが、しかし自分はまだ30代前半です。そういうわけで、自分はまだ禿げないと勝手に思い込んでいたのです。

しかしハゲというものは残酷で、なにもしていないとどんどんと進行していくのですよね。

30歳になった年に転職をして、そして転職後の仕事ものってきて年齢的なこともあって忙しくなってきた頃でした。ですからストレスがあったと言えばありましたね。

そしてなおかつ忙しくて発毛クリニックなどは行けない状態でしたから。

だって日中に病院に行く時間を取るのも惜しい時期もありますからね。まあ、言い訳と言えば言い訳ですけれど。しかし、忙しさにかまけて何もしていなかったら、前髪がどんどんなくなっていったのです。

それでもう34歳にもなればM字形になっていましたね。M字ハゲとなっていました。

前髪は下ろしていますけれど、薄毛はもう他人に指摘されるぐらいになっていましたから。ハゲは一気に髪の毛がなくなっていくとはとく聞きますけれど、自分の場合は「徐々に進行していった」という感じでした。

ヤバイと思うようになったのは、やはり風呂上がりの時です。前髪が上がりますからね。

自分のM字ハゲにも気がついてしまいますし、本格的にヤバイと思うようになるものです。しかしヤバイとは思いつつも、忙しさもありとくに何もしないままでした。

けれどもある日ふと思い立って育毛を始めました。直接的に育毛を始めるきっかけとなったのは、やっぱりベタですけれどCMです。

CMに影響されて試しに育毛剤を使ってみることにしたのです。そしてその育毛剤が思いの外気持ちが良い使い心地でしたので、そのまま使い続けることとなったのです。

ドラマチックな育毛を始めるきっかけでもなんでもないのですが、このようなストーリーにて実際に育毛を始めていますからね。

もう一度整理しますと、僕の育毛を始めたきっかけは、「本格的に前頭部がヤバイと思い始めたところで、育毛剤のCMを見たから試しに買ってみて使ってみた」というところでしょうか。平凡でしょうけれど、実際にのような感じですので。


私が育毛剤を使用するようになったのパスポート用の写真を撮影したのがきっかけ